• proteayy

自分にある当たり前を認めましょう!


フラクタル心理カウンセラー・講師 山田美子です

遠くにいる人ほど大きく見えます。 そして、凄い人がいると感じます。 そのあこがれの人が、近くに来ると はじめはドキドキするかもしれません。

でもいつも同じ空間にいるとどうでしょう? 当たり前になり、表ばかりではなく 裏も見えるようになり、 あれっ、こんなはずではなかったと思うものです。

そして、 自分にあるものがどんなにいいものか 当たり前にあるので認識できないのです。

兄弟姉妹、あるいは周りの人にある 自分にない部分をプラスして捉える為 自分よりも多くあると勘違いした結果 私にないものがあると思い、 嫉妬してしまいます。

また兄弟姉妹に見る嫌いな部分は かつて自分がやっていた姿かもと 思ってくださいね。 昔自分がやっていた姿を誰かがやると 気になってしょうがないのです。

嫉妬は時間とエネルギーの無駄使いです。

たくさん、素敵なものを持っているのに 自分を認めないのは本当にもったいないですね。

いい所がないと思うのは実は 誰かのせいにしたいからかもしれませんね。 さて、誰のせいでしょう?

今日も素敵な1日をお過ごしください(^^♪


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示