• proteayy

過去を書き換えないと今が変わらない?




フラクタル心理学カウンセラー

山田美子です



フラクタル心理学を学んで行くと

過去の自分を忘れてしまいます。

それくらい脳の中を変えて行きます。




受講生様に

「どうしてフラクタル心理学を

学びにいらしたのでしたっけ」と

1年くらいしてお聞きすると

一瞬????

「何ででしたっけ??」




「ほらほら、あーでこうだったでしょ?」

と私が言うと

「あっそうでした!!忘れていました」

とお答えになります。




「思い出」も実は、

妄想、空想と同じと捉えます。




子どもの頃に親から受けた仕打ちって、

本当ですか?現実ですか?

「仕打ち」と言っている時点で

被害意識満載でね。




フラクタル心理学の現実の定義

直接五感で感じられること。

①見て、

②聞けて、

③触れて、

④味わって、

⑤嗅げる




現実と空想の区別をつけるために

現実を定義付けしたのは

フラクタル心理学ならではのことです。




悪い親にしたい意図があると

過去の悪い親をいくらでも思い出せます。

親の当り前にしてくれていることは

認識できなく、本当は躾かもしれないのに

ひどい仕打ちを受けたと

何度も思い出すのはどうしてでしょうか?




過去を変えないと今が変わりません。

是非フラクタル心理学を学んで

根本から自分の中を変えて行きませんか?


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示